大豆イソフラボンがスーパーイソフラボン(エクオール)に変りエストロゲンの代わりを

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするといわれ、大豆製品を積極的に摂取したり、サプリで補う方も多くいます。しかし、そのイソフラボンの効果を実感できる人とできない人がいると研究でわかりました。
実は、大豆イソフラボンに含まれているダイゼインがいうものが、腸内細菌のエクオール生産菌によってスーパーイソフラボンに変換されることで、女性ホルモンと似たい働きをするのです。
このソーパーイソフラボンはエクオールと呼ばれて今、大変注目されている成分になっています。

ソーパーイソフラボンと更年期の症状の関係

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする成分として良く知られていますが、大豆イソフラボンが腸内細菌の作用によって作り出すスーパーイソフラボンがエクオールと呼ばれる成分です。

女性は更年期にはいる頃になると急激に減少する女性ホルモンの影響によって体にさまざまな症状が現れ、それがいわゆる更年期障害と呼ばれるものです。

閉経の前後5年ほどの期間を更年期と呼びますが、同じ年代であっても体内でこの成分を作り出すことができる人の場合、更年期でホルモンバランスが変化することで起こりやすくなるさまざまな更年期障害の症状が軽くてすむ傾向が強いといわれています。

そのため同じ更年期の人でも寝込んでしまうほど重篤で辛い症状に悩まされる人もいれば、ほとんど辛さを感じないうちに更年期が過ぎてしまったという人もいます。

特に更年期特有のほてりや首や肩などのしつこいコリを改善する効果が強いといわれています。また、女性ホルモンには、体内で骨からカルシウムが体内に溶け出すのを抑える効果があり、更年期以降に女性ホルモンの分泌量が減少すると女性は骨量が急激に減少するといわれています。

そして大豆イソフラボンが持つ女性ホルモンに似た作用には骨からのカルシウムの溶出を抑える働きがあるため、スーパーイソフラボンを作り出すことの出来る人は骨密度が低下しにくい傾向にあるとも言われています。

また、年齢を重ねることで皺やたるみなどが現れることは避けられない現象なのですが、この成分を作り出すことの出来る人の場合、皺などの肌の老化によって起こる現象に対しても効果があることが判明しています。日本人は元々大豆製品を普段の食生活の中で上手に取り入れてきた歴史があります。

そのため欧米人と比較すると大豆からスーパーイソフラボンを造ることの出来る人の割合は高いといわれています。豆腐や納豆などの大豆食品を日常的に食べてきた食文化を持つ日本人は、老化を予防し若返りに効果のあるエクオールを作りやすい体質を持つ人の割合がとても高いため、肌が美しく欧米人と比較すると実年齢よりも若く見えるといわれるものです。エクオールを作る検査をしなくても今ではサプリで摂取できますので更年期にはエクオールサプリ改善して下さい。

更年期障害により、疲労、疲れが取れない・・・方はエクオールを

50代前後になって、急に疲れがでやすくなったと感じていますか?
すぐ疲れるし外出もままらなかったりしますよね。
それは、もしかしたら、更年期障害の症状の可能性があります。 
更年期に入ると、女性ホルモンが減ってくるためにさまざまな症状がでてきてしまいます。
そこで、更年期に起こる疲労の原因と解決方法をご紹介していきます。

更年期特有の疲労があるの?

更年期といえば、閉経に向かって卵巣が低下しエストロゲンの分泌が減っていますよね。
エストロゲンが減ることで、更年期障害の症状がいろいろとでてきます。 
その中の一つに、疲労感・倦怠感というのがあります。 

これは、脳の視床下部というところで、エストロゲンの分泌や自律神経、免疫のコントロールをしています。 視床下部がエストロゲンを分泌するように指令をだすのですが、卵巣機能が低下しているため、エストロゲンが分泌されません。
このようなことが続くと、視床下部でコントロールできなくなってしまい、それが自律神経系や免疫系にも影響を及ぼします。

これによって、体に負担がかかり、さらに正常に戻ろうとするため体が疲労してしまいます。
視床下部が、あらゆることを担っているために、いろいろなところでトラブルが発生するというような感じですね。
以上のように、更年期に疲労や倦怠感がひどくなる理由がわかったと思います。
でも、脳にある視床下部を外部からコントロールすることはできませんよね。
となると、エストロゲンを増やすことになりますね。

エストロゲンを増やすサプリメントがある!

エストロゲンを増やす方法として、一番に考えられるのが、ホルモン補充療法(HRT)ですよね。
これは、婦人科で更年期障害の治療をすることができます。
ただ、更年期障害ってどれだけ続くかわかりません。薬を数年も続けて飲むのもイヤな人もいますよね。
さらに、仕事や家のことが忙しくて通院もあまりできないとなると、せっかくの治療も続けることができません。

そこで、利用しやすいのが、サプリメントです。 サプリメントでも、エクオールサプリメントが今注目を浴びているんです。 
大豆イソフラボンが、女性ホルモンに似た作用をするというのは知っている人もいると思います。
このエクオールの主原料は、大豆イソフラボンです。そのためエストロゲンを増やすことができるんです。

でも、大豆製品を食べればいいのでは?と思ったかもしれませんが、大豆を食べることでエストロゲン様作用の効果を得られるのは、日本人の50%程度しかいません。
つまり、大豆を積極的にたべていても、全員が大豆イソフラボンの恩恵を受けることができるというわけではないということです。

これは、最近の研究でわかったのですが、腸内にもともとエクオール生産菌を持っている人だけが、
大豆を食べるだけで大豆イソフラボンの効果を最大限得られるというもので、
腸内にエクオール生産菌を持っていない人は、大豆製品を食べても、エストロゲン様作用の効果がわからず、更年期障害の症状が和らがなかったりします。

つまり、大豆製品を食べても、更年期障害の症状が和らがないのであれば、
腸内にエクオール生産菌をもっていないということなので、エクオールサプリメントで補う必要があるのです。

エクオールサプリメントを飲み続けたことで、疲労感や倦怠感、不安感、ホットフラッシュ、頭痛、めまいなどが和らいだという口コミがとても多いんです。
サプリメントですので、即効性はありませんが、3カ月程度続けてみると、効果を実感して、体調がよくなっている人がいますよ。
疲れやすくなっただけで、病院に行くのも気が引けるという人もいると思います。
まずは、エクオールサプリメントで、体の変化を感じてみてはいかがでしょうか?体で実感できると、薬に頼らなくても大丈夫とわかりますよ。

スーパーイソフラボンのエクオールは女性ホルモンの悩みにはオススメです。
参考サイト
更年期障害の緩和を!話題のエクオールサプリメントの効果とは