更年期障害を緩和!エクオールサプリが大注目されている!

更年期障害を緩和!エクオールサプリが大注目されている!

人によって異なる腸内フローラはバランスがとても大切です。一人一人の腸内環境の違いによって老化を予防し若返りに効果のあり更年期の症状を抑えるエクオールを作り出す力も異なり、食生活の改善も大切です。

 

腸内フローラはバランスが大切

 

人間が健康に暮らしていくためにとても大切な役割を果たすのが腸の中に存在する無数の細菌群だといわれています。人の腸の中にはおびただしい数の多種多様な細菌がすんでおり、それぞれの細菌が種類ごとに群生している様子がまるでお花畑のように見えることから腸内フローラと呼ばれるようになりました。腸内に生息する菌の種類や数は、その人の生活習慣や年齢、人種、食生活などによってそれぞれ異なるため、腸内フローラは人それぞれ違います。腸内細菌は体に良い働きをする善玉菌、腸内で有害物質を作り出す悪玉菌、善玉悪玉どちらにも属さず優勢な方に同調する日和見菌の3種類に大別することができ、これらの菌のバランスの事を腸内環境と呼びます。健康的で若々しい体を持った人の腸内環境は善玉菌が優勢で悪玉菌が増殖するのを予防する働きが強く作用しやすいバランスになっています。その為、更年期にはエクオールサプリです。善玉菌が優勢といっても大切なのはそのバランスが取れていることであり、腸内環境のバランスは体調や食生活、ストレスの有無、年齢などに加え、抗生物質などの薬を服用することでも変化します。そして何らかの原因によって腸内で悪玉菌のほうが優勢になると、便秘や下痢といった症状が現れるだけでなく、さまざまな影響を与える生活習慣病に繋がったり肌荒れや肩こりといった症状が起こったり体がさび付いて老化に繋がりやすくなるともいわれています。つまりからだの若返りを図り健康な状態を維持するためには、腸内環境を良い状態に保つこと、善玉菌が優勢でバランスの良い腸内フローラに整えておくことが何よりも大切になります。そのためには食生活や生活習慣を改善し、悪玉菌が定着したり増殖したりするのを抑えるようにすることが大切です。便秘に悩まされる人は少なくないのですが、実は便秘は腸内環境のバランスの悪化が原因であることが少なくありません。食生活での改善が思うようにできない忙しい現代人は腸内フローラのバランスを整える効果の期待できるサプリメントなどを上手に活用することもおすすめです。

 

大豆イソフラボンと更年期の症状の関係

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする成分として良く知られていますが、大豆イソフラボンが腸内細菌の作用によって作り出すスーパーイソフラボンがエクオールと呼ばれる成分です。女性は更年期にはいる頃になると急激に減少する女性ホルモンの影響によって体にさまざまな症状が現れ、それがいわゆる更年期障害と呼ばれるものです。閉経の前後5年ほどの期間を更年期と呼びますが、同じ年代であっても体内でこの成分を作り出すことができる人の場合、更年期でホルモンバランスが変化することで起こりやすくなるさまざまな更年期障害の症状が軽くてすむ傾向が強いといわれています。そのため同じ更年期の人でも寝込んでしまうほど重篤で辛い症状に悩まされる人もいれば、ほとんど辛さを感じないうちに更年期が過ぎてしまったという人もいます。特に更年期特有のほてりや首や肩などのしつこいコリを改善する効果が強いといわれています。また、女性ホルモンには、体内で骨からカルシウムが体内に溶け出すのを抑える効果があり、更年期以降に女性ホルモンの分泌量が減少すると女性は骨量が急激に減少するといわれています。そして大豆イソフラボンが持つ女性ホルモンに似た作用には骨からのカルシウムの溶出を抑える働きがあるため、スーパーイソフラボンを作り出すことの出来る人は骨密度が低下しにくい傾向にあるとも言われています。また、年齢を重ねることで皺やたるみなどが現れることは避けられない現象なのですが、この成分を作り出すことの出来る人の場合、皺などの肌の老化によって起こる現象に対しても効果があることが判明しています。日本人は元々大豆製品を普段の食生活の中で上手に取り入れてきた歴史があります。そのため欧米人と比較すると大豆からスーパーイソフラボンを造ることの出来る人の割合は高いといわれています。豆腐や納豆などの大豆食品を日常的に食べてきた食文化を持つ日本人は、老化を予防し若返りに効果のあるエクオールを作りやすい体質を持つ人の割合がとても高いため、肌が美しく欧米人と比較すると実年齢よりも若く見えるといわれるものです。エクオールを作る検査をしなくても今ではサプリで摂取できますので更年期にはエクオールサプリ改善して下さい。